不妊手術について

獣医師の中村昭仁です

今回はワンちゃん、ネコちゃんの不妊手術について書きます

ワンちゃんネコちゃんは、男の子、女の子ともに約6か月で性成熟します

したがって不妊手術は約6か月齢以降に実施可能ということになります

不妊手術とは男の子の去勢手術と女の子の避妊手術のことを指します

男の子の場合、去勢手術を実施するメリットは

前立腺などの雄性生殖器に発生する疾患を予防できること

肛門周囲にできる腫瘍の発生を予防できること

会陰部のへルニアの発生を予防できること

マーキングやマウンティングなどの問題行動の改善

などです

女の子の場合、避妊手術を実施するメリットは

卵巣子宮などの雌性生殖器に発生する疾患を予防できること

乳腺組織にできる腫瘍の発生を予防できること

などです

不妊手術を実施するデメリットは

男の子、女の子ともに体重が増加しやすくなることです

「いつ手術すればよいでしょうか?」とよく聞かれます

交配の予定がないのであれば

男の子は1歳齢ぐらいから

女の子は7か月齢ぐらいから

速やかに実施してあげることをお勧めしています

交配予定がある子は交配、出産後速やかにということになります

高齢になると様々な疾患にかかったりして

麻酔処置自体がリスクを伴うことが少なくありません

遅くとも5歳齢ぐらいまでには不妊手術の実施を検討しましょう

Archive
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

 

〒576-0036

大阪府交野市森北1-4-5-102

TEL:072-891-6065